作曲本レビュー トップ > 『キーボード・バッキングまる覚え』

『キーボード・バッキングまる覚え』織原洋子著

『キーボード・バッキングまる覚え』織原洋子著

鍵盤楽器でコードを演奏するにも、ただ単に全音符や2分音符だけは味気無さを感じてしまいます。

やはりコードバッキング(コード伴奏)のレパートリーは持っておきたいものです。
それにはこの『キーボード・バッキングまる覚え』がお勧めです。

あるコード進行に対して3~11パターンのバッキング例があり、全部で138パターンになっています。

本自体は割と厚みが薄めですが、内容はギュッと詰まっている感があります。

カバーしているジャンルは幅広く、ポップス・ロック・R&B・ファンク・ブルース・ジャズ・ボサノヴァなどのパターン例が収録されています。

また、楽器自体も通常のアコースティックピアノのみならず、エレクトリックピアノやオルガン、シンセサイザーで演奏されています。

バッキング方法には基本的には著作権がありませんので、このまま自作曲に活用しても良いかと思います。

もちろんDTMに打ち込んでも問題ないでしょう。

実際に弾けなくてもピアノロールに打ち込んでしまえばそのまま適用できるというところに、やはりDTMの勝手の良さがあります。

すべてのパターンにサンプル音声があり、またカラオケ付きですので、実際に演奏練習ができます。

ピアノが弾ける人も弾けない人も、お勧めできる商品です。



『キーボード・バッキングまる覚え』織原洋子著
『キーボード・バッキングまる覚え』織原洋子著