作曲本レビュー トップ > 『はじめよう! ピアノでジャズ・レッスン』

『はじめよう! ピアノでジャズ・レッスン』斉藤修著

『はじめよう! ピアノでジャズ・レッスン』斉藤修著

自分の曲に「ジャズっぽさ」を出したいということがあるかと思います。
こういった「○○っぽさ」を出したい場合は、それに沿った教則本がオススメです。
しかも、かなり初級用のものを。

「○○っぽさ」には、それなりにリズムにしろ、音の使い方にしろ、何かしら秘密があるわけです。

とにかくジャズってどういう風にできているんだろうとか、どうすれば「ジャズっぽく」なるんだろうとお考えなら、この『はじめよう! ピアノでジャズ・レッスン』をオススメします。

こういった教則本は、実際に弾くためではなく(もちろん、楽器を弾ける人は弾くためでも構いませんが)、あくまで知識を身につけるために購入しましょう。

この本にも、ジャズ特有のエッセンスが含まれており、ジャズっぽさを出すための参考になるのではないでしょうか。

CD付きですので、耳でそして目で確認できますね。

特に難しいジャズ理論は出てきませんので、初心者の方にもオススメできます。
もちろん、理論を勉強すれば鬼に金棒ですが・・・。

『はじめよう! ピアノでジャズ・レッスン』斉藤修著