作曲本レビュー トップ > 『イメージした通りに作曲する方法50』

『イメージした通りに作曲する方法50』梅垣ルナ著

『イメージした通りに作曲する方法50』梅垣ルナ著

浮かんだイメージ、表現したい感情などから作曲をするというスタンスの作曲本です。

一般的な作曲本は理論先行型が中心ですね。
理論をとりあえず身につけて、自作曲に生かそうというのが趣旨です。

しかしこの本は理論は置いておいて、とにかくイメージに合ったものを組み立てていくという趣旨です。

本書では理論的なことは少なく、ミニTips的にあちこち散りばめられています。
そのため、ある程度音楽理論に対して知識がないと逆に難しいかもしれません。

そもそも、なぜこのイメージにこのコードなのか、スケールなのか?など理屈を分かっていないと、自分でも同じように再現しづらいでしょう。

イメージから作曲するというのは一見初心者向きですが、実際はかなりの上級者テクニックだと思います。

最初は、とにかくコード進行とメロディーを作ってから、「これは○○を表現するのに使えるな」「この曲は、○○っぽいな」という風に、イメージを後付けしたほうがいいかもしれません。

『イメージした通りに作曲する方法50』梅垣ルナ著