作曲本レビュー トップ > 『作曲非常口』

『作曲非常口』村井俊夫著

『作曲非常口』村井俊夫著

これは、メロディ作りのための本です。
「平凡な私達のためのメロディ技法」という副題が付いているように、メロディが浮かばないという方のために書かれた本です。

具体的には、理論によるメロディ作り、理論を駆使したメロディ作りに特化しています。

「メロディ作り」というと、天性によるもので理論なんかない!と思われるかもしれませんが、実はあります。

「理論」というと固いイメージがありますので、「傾向」と置き換えてもいいかもしれません。つまり、メロディにもコードと同様、良く聴こえさせるための傾向というのが存在します。

「こうなったら、次はこうした方が良い」というなんとなくのラインというのがあります。

この本では、コードトーン(安定)とノンコードトーン(緊張)の特徴的な動きを元に、メロディを作り上げていくという手法をとっています。

ただ、一ついえることは、この方法がメロディー作りのすべてではありません。
あくまで、色んな手法の一つとして捉えるほうが良いでしょう。

ある程度コード理論についての知識がないと理解するのは難しい内容です。
まずはコード理論について学習しましょう。

『作曲非常口』村井俊夫著