作曲本レビュー トップ > 『ギターで覚える音楽理論』

『ギターで覚える音楽理論』養父 貴著

『ギターで覚える音楽理論』養父 貴著

こちらは、『最後まで読み通せる音楽理論の本』と同様、ギタリストの視点で書かれた音楽理論書になります。著者は違いますが、『最後まで読み通せる音楽理論の本』の応用編という感じといえます。

そもそもメジャースケールはどうやってできたのか?という素朴な疑問から内容がスタートし、響きの面(聴いていて心地よい)によるものだと結論を出されています。

音楽理論はあくまで聴いていて心地よいかどうかを基にまとめられたものなので、あまり音楽理論に縛られすぎず、時には自分の判断も尊重すべきというスタンスを取られております。

こういう考え方は個人的にも大賛成です。
「音楽理論=決まり・原則」という意識が強いと思いますが、実際のところそういうわけではありません。

解説は、タブ譜やダイアグラムがメインになっているので、ギターに詳しくない方は難しく感じられるかもしれませんが、五線譜も多く掲載されているので、比較的鍵盤派の人でも読みやすいかなと思います。

扱う範囲は通常のダイアトニックコードから、セカンダリードミナントや裏コード、テンションコード、ディミニッシュコードなどなど、ギターらしくコードが中心になっています。

ただ、基本的な五線の読み方や音名等の楽典的な部分は割愛されていますので、こちらの本を読む前に別途楽典を読んでおく必要があります。

また、ギターソロ等を意識してか、早い段階で「コード・スケール(コードごとに使える音・避ける音を記したもの)」について言及されています。

著者が重要だと思うところは赤線が引いてあったり、特に重要なところは「これポイント」というマークが記されているので、復習する際はこれらの部分だけを見るだけでも十分と言えます。

サンプル音声もあり、ただ単にコードを鳴らしただけではなく、あくまで実用部分も考慮してギターソロも入っています。

個人的にはギタリストだけなく、もう少し詳しく音楽理論を知りたいという人にもお勧めできる内容だと思います。



『ギターで覚える音楽理論』養父 貴著
『ギターで覚える音楽理論』養父 貴著