作曲本レビュー トップ > 『ひと目でわかるギターコードブック』

『ひと目でわかるギターコードブック』鈴木渡著

『ひと目でわかるギターコードブック』鈴木渡著

最近ではギター専用音源(Real Guitarなど)を使うと、ギター特有の奏法やストロークを自然に再現できるようになりましたね。

しかし、一昔前までDTMでギターを再現するには、一音ずつMIDIで打ち込んでいかなければなりませんでした。

そこで一番困るのがギター特有の「ボイシング」です。

ギターはピアノのように3度ずつ積み重ねればいいというわけではありません。
(中には、特に気にせず打ち込んでいた方もおられるでしょうが)

ギターには、ギターの構造ならではのボイシングがあります。

そこで、ギター特有のボイシングが五線上に載っている本が必要です。

その時に使っていたのが、この『ひと目でわかるギターコードブック』です。

今はMIDIでギターバッキングを作っている人はどれくらいいるんでしょうか?

おそらくあまりいないと思いますが、MIDIでギターをリアルに表現したい場合は、この本に載っているギター特有のボイシングをチェックしてみてください。

ただ、ギターアルペジオを表現したい時には今でも使えるかもしれません。

『ひと目でわかるギターコードブック』鈴木渡著