作曲本レビュー トップ > 『よくわかる楽典の教科書』

『よくわかる楽典の教科書』小谷野謙一著

『よくわかる楽典の教科書』小谷野謙一著

こちらの本は他の楽典と同様に、「五線」や「音名」「拍子」「音程」「音階」「和音」「演奏記号」「奏法」を扱っています。

特徴としては1項目を見開き2ページ分で解説されていますので、読みやすい配慮がされていると感じました。

また、章ごとにミニコラムがあり、できるだけ退屈させないようにしています。

五線譜や図等も多用されておりますので、初めて音楽を学ぶ方でも抵抗なく読んでいける構成ですが、やはり見開きで解説するということで紙面の制限から、やや説明が簡潔に感じるところが見受けられます。

そのため、個人的には予習よりも復習向きで、ちょっと調べたいという時の座右の書的な感じで使うのがベストではないかと思います。

「楽典」は通常クラシック寄りの内容なので、用語もクラシック寄りになりますが、こちらの本は例えば「七の和音(セブンスコード)」というように、ポピュラー向けにも配慮されています。

また、ポピュラーミュージックでは当たり前ともいうべき「コードネーム」に関する記載もありますので、この本からポピュラー向けの音楽理論書へスムーズに移行できるのではないでしょうか?



『よくわかる楽典の教科書』小谷野謙一著
『よくわかる楽典の教科書』小谷野謙一著