作曲本レビュー トップ > 『実践コード・ワーク 理論編』

『実践コード・ワーク 理論編』篠田元一著

『実践コード・ワーク 理論編』篠田元一著

おそらくコード理論についての作曲本で、この本の右に出るものはありません。
(もちろん、左にも・・・)

コード理論を中心に、後半部分ではスケールやモードにも言及されています。

あくまで「コード理論」ですので、基本的な五線や音名などに関するところは省略されています。この本は「音程」から始まりますが、かなり簡易的な説明ですので、まずは音楽基礎本を読んでからこの本を読むことをオススメします。

さらにコードの仕組みに関するところもザックリになっていますので、コードについて全くしらないという方も基礎本でチェックしておきましょう。

つまりこの本は、ある程度音楽の基礎知識やコードに関する知識がある人が、コードについて「より深い」知識を得たいという場合に読む本です。この本から入るのはオススメできません。
そういう意味から、「中級者用」といってもいいのではないでしょうか。

個人的には、レッスンの復習用として使っていただきたい本です。
もちろん予習用としても使えますが、初めて学ぶところはかなり難しいでしょう。

「この1冊あればコードについては安心!」といえる本ですが、すでに絶版になってしまっているようです。大きな書店へ行けば、もしかすると置いてあるかもしれません。

『実践コード・ワーク 理論編』篠田元一著