作曲本レビュー トップ > 『スグ使えるコード進行レシピ』

『スグ使えるコード進行レシピ』斉藤 修著

『スグ使えるコード進行レシピ』斉藤 修著

「コード進行がいつもありきたりになってしまう」「バリエーションあるコード進行のストックがない」という方にお勧めの本です。

「LOS ANGELES」「NEW YORK」「TEXAS」などなど、都市別にカテコライズされたコード進行が全部で168種類掲載されています。
※都市別になっているのは、特に意味はないかと思います・・・

通常の理論書のように、読み進めるとだんだん難しいコードが入ってくるというものではなく、あくまで都市別にカテコライズされているだけで、どこからでも読むことができます。

MIDIファイルが付属しており、しかもそのMIDIファイルは単にコードだけではありません。ドラム(パーカッション)とベースフレーズも付属していますので、タイトルの通り「スグ使え」ます。

作曲ソフトにMIDIファイルをインポートし、コード・ベース・ドラムのトラックに音色を割り当てれば、あとはメロディを考えるだけです。

すべてメジャーキーはKey of C、マイナーキーはKey of Amになっていますが、MIDIファイルなのでキーの変更や、一部コードの差し替え等アレンジが自由です。

使われているコードはダイアトニックコードをはじめ、分数コードやセカンダリードミナントコード、サブドミナントマイナーコード、裏コードなどなど、既存曲でも聴かれるコードばかりで成り立っています。

コード進行一つ一つに説明がありますので、なぜこういうコード進行が成り立つのかが理解しやすいかと思います。

また、各コードのコードトーンも五線譜上に記されていますので、コードネームからすぐにコードトーンが浮かばない人でも安心です。

冒頭にはコードについての基礎知識がありますので、復習的な意味合いで参考になるでしょう。

また、セカンダリードミナントコードやサブドミナントマイナーコードのような、ノン・ダイアトニックコードについての解説がありますが、あくまで概略という感じなので、難しく感じられる方もいらっしゃるかもしれません。



『スグ使えるコード進行レシピ』斉藤 修著
『スグ使えるコード進行レシピ』斉藤 修著