作曲本レビュー トップ > 『ベース・ライン完全攻略』

『ベース・ライン完全攻略』江森正敏著

『ベース・ライン完全攻略』江森正敏著

タイトルからもわかるとおり、「ベース・ライン」の構築法について書かれているとわかる本ですが、
中でも「スケール」に焦点を当てた本です。

ここまで「スケール理論」にこだわった本は少ないと思います、

「スケール」と言えば、「メジャースケール」と「マイナースケール」が有名ですが、
実はまだまだあります。

なんせ12個ある音を、どう辿っていくかによって何通りものスケールが考えられますね。

この本は完全上級者用です。
スケール理論はメロディやフレーズ(モチーフ)作りにはとても大切な部分ですが、
ただ単に良いメロディーやフレーズが作りたいということで手にすると痛い目にあいます。

そのため、ある程度コード理論やモード/スケールに関して知識のある人におすすめできます。

タイトルに「ベース・ライン」とあるので、ベーシスト以外は意味のない本だと思われますが、
スケールの知識はベースに限らず、歌メロ・ギターリフ(ソロ)などなど、色んな楽器で応用が利きます。

付属CDが2枚ありますが、バックトラックのみ収録されているだけで、肝心の譜例(ベース・ラインの動き)は収録されていません。

つまり、実際に演奏して確認するしかありません。

スケールに対して自信のある方は、知識向上のために読んでみてはいかがでしょうか?

『ベース・ライン完全攻略』江森正敏著