作曲本レビュー トップ > 『8小節から始める曲作りの方法50』

『8小節から始める曲作りの方法50』藤原豊・植田彰著

『8小節から始める曲作りの方法50』藤原豊・植田彰著

8小節を基本に、大きく分けて、4つの作曲方法で作曲しようというのが趣旨です。

「4つの作曲方法」というのは・・・
①鼻歌でメロディを作る
②コード進行から作る
③曲のテーマを決めて作る
④目標を決めて作る
です。

いつも同じ作曲の仕方では、いつかマンネリになってしまい、
あまりいい曲が浮かばない時があります。

ということで、いろんな作曲方法を知っておくと、いつもの方法でできなくても、
別の方法で挑戦できるわけですから、安心です。

②の「コード進行から作る」は結構多くの方がされている方法だと思います。

①の「鼻歌でメロディを作る」では、リズムパターンからのメロディ作りを
紹介されています。
いつも同じメロディになってしまうという方には必見のところではないでしょうか。

③の「曲のテーマを決めて作る」では、ジャンルなどをあらかじめ決めておいてから作るというものです。

④の「目標を決めて作る」も、③と同様あらかじめアイディアを決めておいてから作るというものです。

個人的に、初心者からある程度の上級者まで使える本だと思います。

一部、理論的なことが書かれてありますが、この本で音楽理論を勉強するには説明が少なすぎて大変だと思います。

『8小節から始める曲作りの方法50』
藤原豊・植田彰著