ABILITY使い方講座トップ > ステップ入力

ステップ入力

ステップ入力

リアルタイムレコーディングは、通常の楽器のレコーディングと同様、ある程度の演奏技術が必要になってきますので、鍵盤楽器が苦手な人には少し手が出せません。

そこで、あらかじめ入力したい長さの音符を指定しておき、入力したい音の鍵盤を押すだけで自動的に入力されていくこともできます。

それを「ステップ入力」といいます。
ではその方法について見ていきましょう。

まずはピアノロールエディタを表示させます。
そして、上にある「音符入力モード」をクリックして、ノートパレットを表示させます。

音符入力モード

ノートパレット

続いて左側の「ステップ入力モード」をクリックします。

ステップ入力モード

これで準備は完了です。
ノートパレットで入力した長さの音符を選択し、あとはMIDIキーボードの鍵盤を押さえるだけで、指定の長さと音が入力されていきます。

ここでも「キーボード」ツールをMIDIキーボード代わりにできます。

キーボード

鍵盤に書かれている文字をパソコンのキーボードで打っていくと自動的に入力されていきます。

ステップ入力

ステップ入力は、スコアエディタでも可能です。



ABILITY 使い方講座』トップへ