ABILITY使い方講座トップ > ソングの保存

ソングの保存

ソングの保存

作成したソングファイルを保存したい場合は、メニューバーの「ファイル」から『上書き保存』あるいは『名前を付けて保存』をクリックします。

保存

「上書き保存」をクリックした場合は、「新規作成」ダイアログの『保存するフォルダ』で指定したフォルダに保存されます。

保存するフォルダ

既定では、マイドキュメントの中にある「ABILITY」という名前の付いたフォルダが指定されています。

フォルダ

ファイルを立ち上げるたびにマイドキュメントをたどっていくのは面倒という場合は、新規作成ダイアログでデスクトップ等わかりやすいフォルダをあらかじめ指定しておくか、「名前を付けて保存」で保存するフォルダを変えることもできます。

「名前を付けて保存」をクリックすると、一番上に「保存する場所」という部分で、任意のフォルダを指定します。

フォルダ

デスクトップに保存する場合は、画面左の「デスクトップ」をクリックするとデスクトップに保存されるように指定されます。

「ファイル名」のところでは、新規作成ダイアログで指定したものから名前を変えて保存することができます。

ファイル名の変更

保存ファイルの種類は、ABILTYやSinger Song Writer特有の形式である「SS11」形式か「SSW」形式、他のソフトでも読み込める「MIDI」などがあります。ただし、MIDIの場合はオーディオトラックは保存されません。

保存形式

通常はそのまま「SS11」形式を選びます。