作曲ソフト(DAW)比較トップへ > Studio Oneシリーズ

PreSonus『Studio One』について

Studio One

◉データ◉
メーカー:PreSonus

対応OS:
Win/Mac両対応

シリーズ:Prime / Artist / Professionalの3シリーズ

価格帯(市場価格):
Prime⇒無料 Artist⇒12800円 Producer⇒42800円〜

MIDI入力モード:ピアノロールモード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★★


◉こんな方におすすめ◉
本格的に作曲したい方
プロ並の品質にしたい方
レコーディング中心で作曲する方
コード進行を中心にして作曲する方

◉Studio Oneの特徴◉
Studio One」は、もともとSteinbergの「Cubase」や「Nuendo」のソフト開発に携わっていた方が作られたDAWです。

Studio One作業画面

まだまだDAWとしての歴史は浅いですが、新鋭のDAWとして最近注目されています。

MIDIの打ち込みもしやすく、個人的にはCakewalk by BandLab(旧SONAR)やProToolsと同じくらい打ち込みやすいと思いました。

普通、MIDI編集は1トラック(楽器)ごとにしますが、「Studio One」では同時に多数のトラックを編集することができます。つまり、1つの操作画面で多くのMIDI編集ができます。

これができると、たとえばドラムキットの場合、パートごとに別々のソフト音源を使っていても、1つの画面上で各パートの編集ができます。
これはかなり作業時間を短縮できます。

マルチトラック編集

他のDAWにも同じような機能がありますが、「Studio One」が一番使いやすいと思います。

Professional版ではループ素材が多く、ドラムや鍵盤楽器に特化した音源など豊富にありますので、できれば最上位版にした方が総合的にお得と言えます。

また、エフェクト類も豊富なので、「Studio One」は比較的アレンジ・ミキシング向けのソフトかな?と思います。


バージョン4からコード機能が追加されました。

コード機能

コード進行先行型で作る人や、コード進行で曲の流れを管理している人には大きな助けとなること間違いなしです。

ただし、こちらもProfessional版のみの機能になりますので注意が必要です。


一方、Studio Oneにはどのバージョンも楽譜機能がないというのも大きなデメリットです。

同じメーカーから「Notion」という楽譜専用ソフトがあるのであえて付けていないと思いますが、やはりピアノロール画面だけではいつも似たり寄ったりの曲になってしまいがちになります。


◉全体的な評価◉
Studio Oneは今どんどんユーザーが伸びているソフトで、プロアマ問わずメインDAWをStudio Oneに変更した人も多くなってきています。

興味のある方は、無料版の「Studio One Prime」をインストールしてみることをお勧めします。
Studio One Prime



Studio Oneについてはこちらから詳しく


次の『ABILITYシリーズ』へ