作曲ソフト(DAW)比較トップへ > Singer Song Writerシリーズ

Singer-Song-Writerについて

Singer-Song-Writer

◉データ◉
メーカー:INTERNET

対応OS:
Win版・Mac版の2種類
(ただしMac版はLiteシリーズの旧版のみ)

シリーズ:Start/Liteの2シリーズ

価格帯(市場価格):
Start⇒7000円〜 Lite⇒9500円〜

MIDI入力モード:楽譜入力モード/ピアノロールモード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★★


◉こんな方におすすめ◉
そろそろ無料作曲ソフトを卒業したい方
鼻歌作曲がしたい方
楽器が弾けない方

◉Singer-Song-Writerシリーズの特徴◉
Singer-Song-Writer(SSW)」は、MIDI入力に重きを置いた作曲ソフトですので、楽器が弾けない方にオススメです。

「鼻歌作曲」が可能ですので、パソコンにマイクを接続して、あとは「フフンっ」と鼻歌を歌えばソフトが自動的に音符に変換してくれます。
※ただし、わずかな声の揺れなどにも反応してしまうので、正確な入力はかなり難しいというのが現状です

SSWの楽譜入力は非常に優秀で、おそらくDTMソフトの中で一番だと思います
下のパレットから目的の音符を画面上の楽譜に入力していきます。

Singer-Song-Writerの音符入力

マウスでの音符入力は時間との勝負ですので、入力しやすいソフトを使うと、それだけ制作時間を短縮することができます。逆に入力しづらいソフトを使うと、入力に時間がかかってしまうため途中で挫折してしまう可能性があります。

つまり、楽器が弾けない人にとって、作曲ソフトの音符入力のしやすさはこれからの作曲人生に大きく関わってくるといっても過言ではありません。

さらに「ピアノロール入力」も可能ですので、楽譜に抵抗のある方は、ピアノロールモードでの入力をおすすめします。
ピアノロールモードについてはコチラで

ピアノロールモード

また、MIDIだけでなくオーディオ入力も可能ですので、楽器に自信のある方はソフト内へ直接録音できますし、オーディループ集なども使えます。ただし、シリーズによってオーディオトラック数に違いがありますので注意が必要です。

うれしい機能としては「アレンジ機能(EZアレンジ)」があります。
これは「Band-in-a-Box」のように、目的のジャンルを選ぶと、自動的にそのジャンルにあったアレンジをしてくれる機能です。メロディーとコードは作れるけど、それ以外の楽器はどうすればいいかわからないという方は、ぜひこの機能を使ってみてください。



◉全体的な評価◉
Singer-Song-WriterのMIDI入力機能は、DTMソフトでナンバー1だと思います。そのため、楽器が弾けない人にとってはかなり役立つソフトになるかもしれません。初めての有料ソフトにはおすすめのソフトだと思います。また、唯一の日本製ソフトですので、サポート面でも安心です。

体験版が利用できますので、検討中の方はぜひインストールしてみましょう。


Singe-Song-Writerについてはこちらから詳しく