最新バージョン「ProTools 2018」リリース

ProToolsがとうとうバージョンアップしました。
バージョン「12.8」まで来ていたので、もうそろそろだろうなと思っていました。

最新バージョンはこれまでの流れでいうと、バージョン「13」になるものだと思っていましたが、ここにきて「2018」というバージョン名になりました。

ProTools 2018

西暦をバージョン名にするのは珍しいことだと思います。

現在サブスクリプションでProToolsを使っている方、アップグレードのサポート期間中の方は最新バージョンを利用できます。

今回のバージョンアップで一番目を引いたのが「iLokクラウド」です。

簡単に言うと、iLokの情報をクラウド上に保存でき、ネット環境があればUSBのiLokを付けなくてもProToolsが動作します。

はっきり言ってiLok(CubaseのUSBドングル)は非常に煩わしいです。

デスクトップ型のパソコンならそのまま付けっぱなしということができますが、ノート型の場合持ち運びに邪魔でしす、少ないUSB端子を占有してしまって、他のデバイスが付けられないということもよくありました。

iLokクラウドのおかけでノートパソコンでもスマートに作曲ができそうです。できればこの流れでCubaseもUSBドングルがなくても良いようにしてほしいです。

同時使用でない限りは複数のパソコンでもProToolsが利用できますので、環境に合わせてパソコンを選択できます。

その他新機能については下記をご覧ください。
http://www.avidblogs.com/ja/pro-tools-2018-is-here/

個人的にはもうそろそろキーボードショートカットをアレンジできればうれしいのですが、やはりそれはまだできないようです。