作曲の教材:その2

前回、作曲の教材として「MIDIファイル」を活用しましょうという話をしました。

今回もそれに関連しています。

実際の演奏のMIDIファイルを見るのに、ソフト音源も利用してください。

ソフト音源の中には、MIDI素材集が付属しているものもあります。

たとえば、「Addictive Drums」。
このソフトの中には5000近くのMIDIドラムフレーズ集が入っています。

それらをDAWへドラッグし、ドラムフレーズはどう作られているのかをみていきます。

また、「EZ Keys」というソフトでは、MIDIのピアノフレーズが入っていますので、
ピアノの伴奏はどう作られているのか見ることができます。

そういったMIDIファイルで音の動きも重要ですが、ベロシティ(音の強さ)を見ることも大切です。

すべての音が一定だと、機械的でまったくノリが出ません。
音の強さにムラがあるからこそ、リアルで人間的なフレーズになります。

どうやってムラを出すとリアルに聴こえるかも見ていくと、
すべてソフト音源を使っていても、本当に人間が演奏しているかのように
聴こえさせることができます。

実際のフレーズの分析こそ、最大の学習です。