作曲ソフト(DAW)比較トップへ > ProToolsシリーズ

AVID『ProTools』について

◉データ◉

ProTools

メーカー:AVID

対応OS:Win/Mac両対応

シリーズ:first/ProToolsの2シリーズ

価格帯(市場価格):
first⇒無料  ProTools⇒73000円〜(サポートは12か月間)

MIDI入力モード:楽譜入力モード/ピアノロールモード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★




◉こんな方におすすめ◉
本格的に作曲したい
楽器演奏に自信のある方
楽器が弾けない方・苦手な方
プロ並の品質にしたい方
レコーディングスタジオを利用する方

◉ProToolsシリーズの特徴◉
ProTools」は、名前からもわかる通り、「プロ用」の作曲ソフトです。ほとんどのレコーディングスタジオなどではProToolsが採用されています。
※レコーディングスタジオで採用されているProToolsは「ProTools Ultimate」と言われ、業務用ソフトになります。

一昔前までは、どちらかというと「レコーディング(楽器録音)用ソフト」としての認識が高かったものの、最近ではMIDI機能も充実し、十分「打ち込み」作曲用ソフトとして使われるようになりました。

MIDI入力(楽譜入力・ピアノロール入力)は非常にやりやすいので、楽器が弾けない方にはおすすめです。楽譜作成ソフト「Sibelius」も発売しているだけあって、楽譜入力モードはとても優秀な機能です。

ProToolsピアノロール画面

高品位なバーチャルインストゥルメントが付属し、エフェクト(音の加工ソフト)の数や品質は他の作曲ソフトを圧倒しています。

バーチャルインストゥルメント

個人的にProToolsのマイナス点を挙げるなら、「ショートカットキー」を自分でアレンジすることができないというところです。

大方のDAWでは、いつも使うコマンド(コピーや保存、ピアノロール/楽譜モードの切り替え等編集コマンド)は、あらかじめDAW側でセットされているショートカットキーを自分なりにアレンジすることができます。

私の場合、テンキーのみでほとんどが完結するようにアレンジしています。

しかし、ProToolsでは決められたショートカットキーを使うしかありませんので、それらを覚えるまで操作に時間がかかります。

ProTools11からプラグイン規格が「AAX」というものに変わりました。
ここ数年「AAX」に対応したソフト音源が出てくるようになったので、「VST」とほとんど差がなくなったといっても良いでしょう。


ProTools12から「サブスクリプション」版が導入されました。
サブスクリプション版は1か月もしくは1年単位で使用契約を行うもので、期限が来ると更新しない限り使い続けられません。
※更新は月3000円ぐらいから(毎月更新か、一年更新かによって実質の月額が異なる)

これまでと同様「永続ライセンス版」も引き続き販売されています。こちらは買い切り版なので、長くProToolsを使うつもりならこちらの方がお得になるかもしれません。

ただし、サポートを延長しない限り新しいバージョンへアップデートできなくなりますので注意が必要です。
※サポート期限が切れてもソフトは使い続けられます。サポートとアップデートが不可になるだけ。



◉全体的な評価◉
ProToolsのMIDI機能は非常に使いやすいです。そのため、楽器が苦手な人でも十分使えるソフトです。

「ProTools First」という無料バージョンがありますので、そちらで操作性を試しても良いかもしれません。



ProToolsについてはこちらから詳しく

次の『Logic』へ