GarageBand使い方講座トップ > MIDIノートのタイムクオンタイズ

MIDIノートのタイムクオンタイズ

タイムクオンタイズの方法

前回のようにリアルタイム入力すると、どんなに伴奏に合わせて鍵盤を弾いても、どうしてもわずかにタイミングがずれてしまいます。

そういう場合は「タイムクオンタイズ」という機能を使って、タイミングを補正することができます。

下図は16分音符ごとにグリッド線が引かれていますが、ところどころごくわずかにグリッド線に沿っていません。これはリアルタイム入力では仕方のないことです。

MIDIノート
※16分音符ごとに引かれているグリッド線とMIDIノートの先頭がわずかにずれています

ただ、このわずかなずれが全体的に音楽を狂わせてしまうことがありますので、できるだけきれいなタイミングに補正する必要があります。

タイミングを補正することをDTMでは「クオンタイズ」と言われています。
GarageBandでの「タイムクオンタイズ」の方法は、まずクオンタイズをかけたいリージョンを選択します。

リージョン

そして、ピアノロールエディタにある『タイムクオンタイズ』というところで、補正したいタイミングを選びます。

タイムクオンタイズ

基本的に音楽は、どのトラックも16分音符のタイミングで合わせていきますので、「オフ」と書かれているところをクリックして、『1/16 - 音符』を選択します。

1/16 - 音符

そうすると、ごくわずかにずれていたMIDIノートが前あるいは後ろに移動し、16分音符のタイミングにきれいに沿って補正されます。

MIDIノート

ご覧の通り、きれいに補正されています。

ただ、MIDIノートが前に移動するか、後ろに移動するかはソフト側が自動的に判断しますので、たまに思っているタイミングと間違えている場合があります。

その際は、実際にMIDIノートを移動して調整します。