GarageBand使い方講座トップ > Flex Timeでオーディオ編集

『Flex Time』でオーディオ素材を編集する

Flex Timeでオーディオ素材を編集する

GarageBandには「Flex Time」機能があります。
この機能は簡単に言うと、オーディオ素材のタイミング修正機能です。
GarageBand付属のオーディオループや、自分でレコーディングしたボーカルやギターなどのフレーズのタイミングを修正することができます。

では、「Flex Time」の使い方をみていきます。

「Flex Time」を起動するには、まず修正したいオーディオ素材をダブルクリックします。
そうすると、そのオーディオ素材の波形が画面下部に出てきます。

波形編集モード

その波形上にマウスカーソルを持っていくと、カーソルが下のように「Flexポインタ」に変わります。

Flexポインタ

タイミングを修正したい部分にFlexポインタを持っていき、クリックします。
そうすると、次のように「Flexマーカー」が表示されます。

Flexマーカー

このFlexマーカーを左右にドラッグすると、マーカーを境目として前後の波形が伸縮します。

左が元々の波形、右がFlex Timeで編集した波形です。

元の波形  編集後の波形

Flexマーカーを取り消すには、Flexマーカーの「×」をクリックすると、マーカーが削除されます。

Flexマーカー削除

また、編集前と編集後を聴き比べたい場合は、波形の左にある「Flex Time」のアイコンをクリックします。

左が編集前を表すアイコン、右が編集後を表すアイコンです。

編集前  編集後

「Flex Time」を起動するには、まず修正したいオーディオ素材をダブルクリックします。
そうすると、そのオーディオ素材の波形が画面下部に出てきます。

波形編集モード

続いて、波形が表示されている左側の「トラック」をクリックし、その下にある『Flexを有効にする』をクリックしてチェックマークを入れます。

Flexを有効にする

波形画面左上の下図のマークをクリックした場合でもFlexが有効になります。

Flex有効ボタン

そうすると、波形画面が黒く変化します。

波形画面

波形に沿って「Flexマーカー(縦線)」が引かれています。
この線をドラッグすることで、音の位置を前後に調整することが可能です。

また、このFlexマーカーを自分で作ることもできます。
この波形上にマウスカーソルを持っていくと、カーソルが下のように「Flexポインタ」に変わります。

Flexポインタ

タイミングを修正したい部分にFlexポインタを持っていき、クリックします。
そうすると、次のようにFlexマーカーが新たに表示されます。

Flexマーカー

このFlexマーカーを左右にドラッグすると、マーカーを境目として前後の波形が伸縮します。

左が元々の波形、右がFlex Timeで編集した波形です。

タイミング補正

Flexマーカーを取り消すには、Flexマーカーの「×」をクリックすると、マーカーが削除されます。

Flexマーカー削除