作曲ソフト(DAW)比較トップへ > Finaleシリーズ

MakeMusic『Finale』について

Finale

◉データ◉
メーカー:MakeMusic

対応OS:Win/Mac両対応

シリーズ:
NotePad/SongWriter/PrintMusic/Finaleの4シリーズ

価格帯(市場価格):
NotePad⇒無料 SongWriter⇒? PrintMusic⇒12800円〜 Finale⇒62000円〜

MIDI入力モード:楽譜入力モード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★


◉こんな方におすすめ◉
楽譜制作をしたい方
管弦楽用の作曲ソフトを使いたい方


◉Finaleシリーズの特徴◉
世界で出版されているほとんどの楽譜は「Finale」でできているといっても過言ではありません。

つまりFinaleは、作曲用というより、どちらかというと楽譜制作用ソフトです。

付属音源もポピュラーミュージック向けではなく、オーケストラ系に特化されています。
そのため、「Finale」でポピュラーミュージックを作るのには無理があります。

ピアノロールモードがないので、楽譜に苦手意識がある方は入力しづらいでしょう。


◉全体的な評価◉
Finaleはソフト自体は大変素晴らしいソフトですが、あくまで楽譜制作用であって、なおかつオーケストラ向きです。

自分で作った曲を楽譜に起こす、楽譜としてプレゼントしたいなど、特別な用途がない限り必要はないかと思います。

MIDIファイルに対応しているので、別DAWのMIDIファイルを取り込むことはできます。

体験版がありますので、気になる方はダウンロードしてみてください。

「Finale」の体験版はこちらからダウンロードできます



Finaleについてはこちらから詳しく