GarageBand使い方講座トップ > Drummerの使い方:その3

Drummerの使い方:その3

フレーズに変化を加えてみよう:その1

各ドラマーのプリセットフレーズに変化を加えることができます。ただ、細かな調整はできず、変化の度合いもプリセットになっています。

まず一番簡単なフレーズ変化の方法が、XYパッドを使った変化です。
XYパッドは、編集画面の「プリセット」の右隣にあるところです。

XYパッド

XYパッド上に表示されている黄色の丸を上下左右に動かすことによってフレーズに変化が加わります。

XYパッド

上下(上図白線)に動かすとフレーズの音量が大きくなったり小さくなったりします。より盛り上がるセクションでは音量は大きめ、あまり盛り上がらない導入部分などは音量を小さめにしておくのが良いかと思います。

一方左右(上図赤線)に動かすとシンプルになったり、手数が増えたりします。

リアルタイムでフレーズが変化していくので、聴きながらこの黄色の丸を動かして、ベストなフレーズを見つけていきます。


フレーズに変化を加えてみよう:その2

編集画面の右側では「キックとスネア」「ハイハット」「パーカッション」の編集ができます。
※ドラマーによって、「ハイハット」がタムやシンバルになったり、「パーカッション」がなかったりします

編集画面

「キックとスネア」「ハイハット(タム/シンバル)」「パーカッション」の隣にあるスライダーを右方向へ持っていくと、よりビートが細かくなり、左方向へ持っていくと、よりビートが荒くなってきます。

ビート変更

キットの画像をクリックすると、音を消したり、別のキットに差し替えることもできます。黄色く表示されているキットが今現在選択されているキットになります。

キット変更

編集画面の右端のところでは、フレーズにフィルを加えたり、スウィングさせたりできるツマミがあります。

フィル/スウィング



GarageBand使い方講座』トップへ