GarageBand使い方講座トップ > Drummerの使い方:その1

Drummerの使い方:その1

Drummerの立ち上げ

それではDrummerを立ち上げてみましょう。
まずはメニューバーの「ファイル」から『新規トラック』を選択します。

新規トラック

「トラックのタイプの選択」ダイアログが表示されるので、一番右側の「Drummer」をクリックし、最後に「作成」を選択します。

Drummer

そうすると、Drummerが立ち上がります。
Drummerだということがわかるように、リージョンが黄色になっています。

トラックビュー


目的のDrummerを選ぶ

Drummerにはあらかじめジャンルに応じたドラマーが用意されています。
例えば「Rock」系ならKyle、Logan、Andersなどです。

Drummer

これらドラマーにもそれぞれより細かな得意ジャンルがあります。
KyleならPop Rock、LoganならRetro Rock、AndersならHard Rockという具合になっています。

自分の目的により合うドラマーを選びましょう。

各ドラマーにはどんな音楽に影響を受けているのかなどがわかる凝ったキャラクター設定がありますので、それを参考にドラマーを選ぶのも良いかもしれません。

ドラマーのアイコンか、名前をクリックすればみることができます。
Kyleなら次のようになっています。

キャラクター設定


ドラマーを選択する画面が表示されていないという場合は、画面左上の「ライブラリ」ボタンを押してください。

ライブラリ