作曲ソフト(DAW)比較トップへ > Digital Performerシリーズ

MOTU『Digital Performer』について

Digital Performer

◉データ◉
メーカー:MOTU

対応OS:
Win/Mac両対応

シリーズ:Digital Performerのみ

価格帯(市場価格):70000円~

MIDI入力モード:楽譜入力モード/ピアノロールモード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★


◉こんな方におすすめ◉
本格的に作曲したい方
プロ並の品質にしたい方
すでに他のDAWや別売ソフト音源をお持ちの方

◉Digital Performerの特徴◉
Digital Performer」は旧版を入れると、とても歴史が長く、DAWの先駆けのようなソフトです。そのため、コアなファンが多く、昔から作曲に携わってこられた方のほとんどは「Digital Performer」を使用されています。

付属音源やエフェクト、ループ素材等が特別多いというわけではないので、他の作曲ソフトと比べると、若干見劣りする部分があります。

ただ、ボーカルレコーディングの編集にはかなりこだわっていて、録音した声をその場でMIDIデータ化(音符化)してくれる機能(オーディオ to MIDI)や、その声に対してハモリを付ける機能、タイミング補正をする機能があります。

オーディオのMIDI化
※オーディオ to MIDI

また、自然な補正ができるピッチ編集機能もあるので、多少音がずれても補正できます。

ボーカルピッチ編集

バージョン9から、オーディオトラックの周波数分布をその場で確認できる「スペクトラルディスプレイ」が搭載されましたので、低音域・中音域・高音域の強い/弱い等を瞬時に見ることができますので、ミキシング作業に役立ちます。

スペクトラルディスプレイ



◉全体的な評価◉
Digital Performerは付属音源・エフェクトが少ないので、最初の1本目には向いていないかと思います。他のDTMソフトと併用する方が良いでしょう。



Digital Performerについてはこちらから詳しく

次の『Studio Oneシリーズ』へ