DTMとは

『作曲』というと、「大きなスタジオでみんなでレコーディング」というイメージがあると思いますが、今では少し変わってきました。

ある程度のバックトラック(カラオケ)をパソコンで作って、ボーカルのみスタジオでレコーディングというのが一般的です(バンドの場合はそれぞれの楽器をレコーディングすることもあります)。

このパソコン作曲全般のことを「DTM(ディー・ティー・エム)」といいます。「DTM」は"デスクトップミュージック(Desk Top Music)"の略です。

Desk Top Musicを日本語にすると「机上音楽」です。つまり、机の上でする音楽制作ということです。

今までの作曲はそれなりのスタジオで、ある程度の機材が必要でしたが、DTMの登場でパソコン内でほとんどが完結するようになりました。