作曲ソフト(DAW)比較トップへ > Cubaseシリーズ

Steinberg『Cubase』について

Cubase

◉データ◉
メーカー:Steinberg

対応OS:Win/Mac両対応

シリーズ:Elements/Artist/PROの3シリーズ

価格帯(市場価格):
Elements⇒10800円~ Artist⇒32000円〜 Cubase⇒59000円〜

MIDI入力モード:楽譜入力モード/ピアノロールモード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★★


◉こんな方におすすめ◉
本格的に作曲したい
楽器演奏に自信のある方
プロ並の品質にしたい方
ソフト選びで失敗したくない方

◉Cubaseシリーズの特徴◉
Cubase」は、恐らく作曲ソフトの中で一番シェアのあるソフトだと思います。プロ・アマ問わず、多くの方に支持されているソフトです。対応OSがWindowsやMacを問わないことも、その要因になっています。

Cubse作業画面

メーカーの「Steinberg社」はYAMAHAの子会社であるため、日本人にとってはサポートなどの面で安心できる会社だと思います。
※サポートはYAMAHAが行っています。ただし、日本国内版のCubaseのみ。

また、「VST」や「ASIO」など、今やDTMでは当たり前になっている規格を生み出した会社なので、常にDTM業界の先頭に立っている、DTM業界を牽引しているといっても過言ではありません。
今後もDTM業界の新たな「標準」を創りあげてくれるでしょう。

MIDI/オーディオともに使えるので、楽器が弾ける・弾けないに関わらず、使えるソフトです。ただ、個人的には「楽譜入力」「ピアノロール」ともに使いづらい印象があるので、MIDI中心で作曲される方にとっては、少々扱いにくいかもしれません。

特に作曲初心者にとっては「ピアノロール入力」がとても重要になってきます。
Cubaseのピアノロール入力は、MIDIノートの入力と編集(MIDIノートの移動や伸縮など)をいちいち切り替えなければならないので、それだけ時間がかかります。
※「Alt」キーを押すと、比較的楽に入力と編集ができますが・・・

この辺はあくまで個人的な感想なので、人によるかと思います。

「エフェクト」のプリセットが豊富なので、作曲だけでなくアレンジにも重きを置いた作曲ソフトといえます。

「コンプ」や「イコライザ」の使い方などかなり感覚に頼らなければならない部分は難しいので、そういった意味で初心者の方にとっては安心だと思います。

Cubase7からは「コードトラック」という新たな機能が搭載されました。

コードトラック

「コードトラック」は、目的のコードネームを入れて音源をセットすると、自動的に設定した音色でコードを鳴らしてくれます。また、コードアシスタント機能がありますので、コード進行が単調な場合は活用してみてはいかがでしょう。

コード進行中心の作曲されている方には大きなサポートになるでしょう。



◉全体的な評価◉
Cubaseは作曲ソフトの中で最も支持されているソフトです。そのため、ユーザーが多く、ユーザー同士の交流にも役立ちます。おそらくこれかもDTM業界を引っ張っていくソフトですので、ソフト選びで「失敗はしたくない」という方にはおすすめです。

体験版が利用できますので、検討中の方はぜひインストールしてみましょう。
※体験版を利用するには、「My Steinberg」への登録(無料)が必要
 登録はSteinberg製品をお持ちの方のみ可能です

また、作曲機材(キーボード)などに、無料版の「Cubase LE」もしくは「Cubase AI」が付属されている場合もありますので、あわせて検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、オークション等で出品されている「ありえないぐらい安いCubase」は、海外のアカデミック版Cubaseの可能性が高いです。



Cubaseについてはこちらから詳しく