作曲ソフト(DAW)比較トップへ > ABILITYシリーズ

ABILITYについて

ABILITY

◉データ◉
メーカー:INTERNET

対応OS:
Win版のみ

シリーズ:ABILITY Pro / ABILITY Elementsの2シリーズ

価格帯(市場価格):
ABILITY Elements⇒28000円〜 
ABILITY Pro⇒51000円〜

MIDI入力モード:楽譜入力モード/ピアノロールモード
オーディオ入力:可能


◉おすすめ度(5段階評価)◉
★★★★


◉こんな方におすすめ◉
Singer Song Writerを使ったことがある方
鼻歌作曲がしたい方
楽器が弾けない方
MIDI入力を中心に考えている方

◉ABILITYシリーズの特徴◉
ABILITY」は、Singer Song Writerの上位版に位置するモデルです。これまでは「ABILITY Pro」と「ABILTIY」という2シリーズでしたが、バージョン2.0から「ABILITY Pro」と「ABILITY Elements」の2シリーズになりました。

Singer Song Writerと同様、MIDIの入力補助機能が充実していますので、楽器が苦手でMIDI入力中心で作曲されている方にオススメです。楽譜入力機能もそのままSinger Song Writerから引き継がれています。

楽譜入力機能

前バージョンではPro版でも音源数がやや物足りないかなと感じましたが、バージョン2.0から「fxpansion BFD Eco(ドラム音源)」「UVI Grand Piano Model D(ピアノ音源)」が新たに加わりました(いずれもPro版のみ提供)。

その他、エフェクトも追加されています。

Singer Song Writerはオーディオ機能が若干物足りないというところがありましたが、ABILITYではオーディオ機能も充実しています。

なかでも、元データへの影響を少なくボーカルのタイミングやピッチの修正ができる「ボーカルエディタ」は非常に高機能です。

ボーカルエディタ

応用的なところとして、ノイズの軽減やビブラートを付けたり、ハモリを付けることもできます。

また、ダンス系の作曲に向けて、ステップシーケンサーが搭載されましたので、視認性や作業効率も上がるのではないかと思います。

ステップシーケンサー



◉全体的な評価◉
国産DAWということもあって、サポートは安心です。

MIDI入力機能ナンバー1といえるSinger Song Writeの上位版なので、そういった打ち込みやすさは引き継がれています。これまでSinger Song Writerを使ったことがある人にとってはすぐに移行できるでしょう。

また、すでに他のDAWをお持ちの方へ「クロスアップグレード」版も用意されています。通常よりもお安く手に入れることができます。

体験版が利用できますので、検討中の方はぜひインストールしてみましょう。


ABILITYについてはこちらから詳しく