Dominoを使ったミニ作曲講座トップ > Dominoでドラムトラック作成 その2

8:Dominoでドラムトラック作成 その2

それでは、実際にドラムトラックを作成していきます。

前回も言いましたが、ドラムは「キック(バスドラム)」「スネア」「ハイハット(クローズハイハット)」の
3つの打楽器が中心です。

ここでは「ハイハット」から入力していきます。


【ハイハットの入力】

「ハイハット」というのは、2枚のシンバルを重ねたもので、
楽曲のビート(拍)を細かく刻むように演奏します。

Dominoのドラムトラックに複数の打楽器が表示されていますが、
これを下にスライドさせると「Closed Hi-Hat」というところがあります。
これが、ここでいう「ハイハット」のことです。

Dominoのハイハット

ハイハットは主に、1小節に8つ打ち込む「8ビート」と、16コ打ち込む「16ビート」があります。

ここでは簡単に「8ビート」にします。

1小節を8分割するように、ハイハットを入力していきます。

8ビートのハイハット

このように、等間隔にハイハットを8つ打ち込んでいきます。


【キック(バスドラム)の入力】

続いて、「バスドラム」を入力していきます。
バスドラムはバチ(マレット)を足で踏んで音を出すことから「キック」とも言われます。

バスドラムは主に1拍目と3拍目に置きます。

「Bass Drum 1」というところに、次のように打ち込んでください。

バスドラムの打ち込み



【スネアの入力】

では、最後にスネアを入力していきます。
「スネア」は演奏者の正面にある小さな太鼓のことです。

主に2拍目と4拍目に配置します。

「Acoustic Snare」というところに、次のように打ち込んでください。

スネアの打ち込み


では、再生してみましょう。
その前に、「A10」の右隣にある「ソロ演奏」ボタンを押してください。
こうしないと、前回入力したコードも鳴ってしまうので、純粋なドラム音が聴けません。

ソロ演奏ボタン




一連の流れを動画にしましたので、復習のつもりでご覧ください。

※音量設定に注意してください
 回線速度やブラウザによっては、動画がスタートするまで時間がかかることがあります

次の(9:Dominoでドラムトラック作成 その3)へ