Dominoを使ったミニ作曲講座トップ > ピアノロールでの音入力 その2

5:ピアノロールでの音入力 その2

それでは今度は、五線とピアノロールとの対比を意識しながら見ていきましょう。

【音符とピアノロール その1】
次のような五線上の音符をピアノロールで再現したいとします。

音符例1


Dominoのピアノロールで再現すると次のようになります。

ピアノロールでの再現1


わかりやすく五線とピアノロールを並列させると次のようになります。

音符とピアノロールの対比1

↑クリックすると拡大します


【音符とピアノロール その2】
では、次のような「♯(シャープ)」や「♭(フラット)」記号がついた音の場合はどうなるでしょうか?

音符例2


Dominoのピアノロールで再現すると次のようになります。

ピアノロールでの再現2


わかりやすく五線とピアノロールを並列させると次のようになります。

音符とピアノロールの対比2

↑クリックすると拡大します

このように、やや難解なイメージのある楽譜や音符、特に「♯」「♭」記号のついた音符は、
ピアノロールを使うと非常にわかりやすく感じます。


【音符とピアノロール その3】
では、次のような休符の入った五線をピアノロールで再現するとどうなるか見ていきましょう。

音符例3

「ド」の右隣にあるマークは「4分休符」といいます。
4分音符と同じ長さ分(1拍分)の「休み」の記号です。

では、これをピアノロールで再現してみましょう。


ピアノロールでの再現3

実は休符を再現するのはとても簡単です。
休符分の長さを空白にしてやると自動的に”休符扱い”になります。

わかりやすく五線とピアノロールを並列させると次のようになります。

音符とピアノロールの対比3

↑クリックすると拡大します


次の(6:Dominoでのコード入力)へ