Dominoを使ったミニ作曲講座トップ > ピアノロールでの音入力 その1

4:ピアノロールでの音入力 その1

では、今度こそ実際に音を入力していきましょう。
ここでの操作方法はDominoに関わらず、その他多くの作曲ソフトでも共通の方法ですので、
慣れるようにしておきましょう。


音は、画面上のマス内(白枠と水色枠)をクリックして入力していきます。

マス内にマウスカーソルを持っていくと、下図のように鉛筆のマークが表示されるかと思います。
この鉛筆マークが表示されていると、「入力モード」の状態です。

Dominoへの音入力

もし、表示されていなければ、画面上部にある「ペン」のマークをクリックします。

入力モード切り替え


では実際に音を入力していきましょう。マス内をクリックすると、入力できます。

Dominoでの音入力

これは、「C4」というところに1拍分の音を入力した状態です。
ソフト立ち上げ時の既定では「4/4拍子」になっているので、
1拍は4分音符を入力した状態になります。
※拍子は後から変えることも可能です

「C4」というのは、ピアノでいう「中央のド」のことです。
つまり、ピアノに向かった場合の、正面にある「ド」です。


音を長くしたい、短くしたいという場合は、入力した「青いバー」の先端か、
もしくは後ろにペンカーソルを合わせます。

そうすると、「←→」のマークが出てきます。

音の長さをかえる


この状態のままドラッグ(左クリックを押したまま、横へスライド)します。

1つ動かすごとに「16分音符」ずつ変化していきます。


入力した音をまるごと移動させたい場合は、入力した青いバーの真ん中にペンカーソルを
あわせます。そうすると十字のマークが表示されます。

音の移動

そして、その状態でドラッグすると、入力した音を上下左右に移動させることができます。

ちなみに、入力したものを消したい場合は、消したい青いバーにカーソルを合わせて、
十字マークが出た状態でダブルクリックします。そうすると消えます。

もしくは「消しゴムツール」に切り替えて、消したいバーをクリックします。

「消しゴムツール」はマスの下にあります。

消しゴムツール






一連の流れを動画にしましたので、復習のつもりでご覧ください。

※音量設定に注意してください
 回線速度やブラウザによっては、動画がスタートするまで時間がかかることがあります


次の(5:ピアノロールでの音入力 その2)へ