Dominoを使ったミニ作曲講座トップ > Dominoでのピアノロール画面の見方

3:Dominoでのピアノロール画面の見方

それでは、音が出る状態になっているので、実際に入力していくのですが、
その前に学習しておくことがあります。

Dominoは「ピアノロールモード」という入力法を採用しています。

「ピアノロール」というのは、簡単に言うと「楽譜をグラフィカル」にしたものです。

では、Dominoの入力画面を例に、もう少し詳しく「ピアノロール」について説明していきます。

domino pianoroll1

↑クリックすると拡大します

画面上に「2Start」と書かれているところから、隣の「3」までが1小節分の長さになります。
実際は「1」と書かれているところが1小節目ですが、作曲ソフトでは2小節目から音を入力していくのが慣例ですので、スタートは「2(小節目)」からになります。

その中のさらに小さな枠が「1拍」の長さになります。

ピアノが横になった状態のものが左側についています。
これで音の高さを設定します。上にいくほど高い音、下に行くほど低い音を示しています。

これは五線符の記述法と全く同じですね。
縦は音の高さ、横は時間軸を示しています。

一応ピアノロール画面の下に、五線譜も併記してみました。
これで、「ピアノロール」は五線譜をグラフィカルにしたものだということが
おわかりになるかと思います。

画面上の白枠が「幹音」、つまり♯や♭が付かない音。ピアノでは白鍵になっています。

画面上の水色枠が「派生音」、つまり♯や♭が付く音になります。ピアノでは黒鍵になっています。

次の(4:ピアノロールでの音入力 その1)へ