打ち込みとは

楽器が弾けない人にとって作曲という行為は、程遠いものだとお思いだと思います。しかしDTMがそれをすべて変えてくれました。

DTMを使えば楽器を意識しなくても作曲ができます。なぜなら、DAWの中にはすでに楽器音が収録されているので、それを使えばいいだけです。

では、どう使うか?それは、マウスで1音ずつ入力していけばいいだけです。このマウス入力を「打ち込み」といいます。文字通り、音を1音ずつ打ち込んでいくからです。

作曲の打ち込みと聞くと、プログラム言語の打ち込みを想像してしまいますが、全く違うものです。

大きく分けて2つの打ち込み画面があります。1つは楽譜入力、もう1つはピアノロール入力です。

楽譜入力は名前の通り、画面上にでてくる楽譜に、あらかじめ用意された四分音符や8分音符などの音符を入力していきます。つまり、五線譜に直接ペンで書くのではなく、DAWのデジタル五線譜に入力していきます。できあがりは楽譜そのものです。

実際の五線譜に書き入れる方法と大きく異なるのが、入力したものをいつでも聴くことができます。五線譜に書き入れれば、それが実際にどう演奏されるかをその場で聴けます。耳で聴いてどうしてもおかしければ、別の音符を入力すればいいだけです。

そして、もう1つのピアノロール入力。ピアノロールというグラフ上に音を配置していくだけで作曲ができるものです。
ピアノロールモードについて詳しくはこちらから

縦軸が音の高さ、横軸が時間になります。これはただ単に五線をグラフにしただけで、こちらもすんなりと作曲作業ができます。

ただ、DAWによっては、どちらかの入力モードしか搭載されていない場合がありますので、ご購入の際は必ず確認することです。