GarageBand使い方講座トップ > ピアノロールで打ち込み:その1

MIDIループのフレーズを変更する(ピアノロールエディッタ):その1

ピアノロールエディッタで変更する

MIDIループには音符情報が組み込まれているので、自由にその音符情報を編集することが可能です。編集方法としては、ピアノロールモードを使った編集と、楽譜(スコア)入力モードを使った編集が可能です。

では、ピアノロールモードを使った編集から見ていきます。

まず、フレーズを変更したいMIDIループをダブルクリックします。
そうすると、そのループフレーズのピアノロールが画面下部に表示されます。

ピアノロール
※Mountain Lion 以前のバージョン

ピアノロール
※Mavericks 以降のバージョン

ピアノロール上のバーが楽譜で言う「音符」にあたるものです。
このバーを伸縮したり、位置を移動させたりしてフレーズを組み替えていきます。


音符を延ばす/縮める
では、音符の伸縮方法から見ていきます。
音を延ばしたり短くするには、バーの右端にマウスカーソルを持っていき、左右にドラッグします。
※左側の画像がMountain Lion以前、右側の画像がMavericks以降

マウスカーソルを持っていく  マウスカーソルを持っていく

右へドラッグすれば、音が伸びます。

右へドラッグ  右へドラッグ

一方、左へドラッグすれば、音は短くなります。

左へドラッグ  左へドラッグ

既定では、16音符ずつ伸縮するようになっています。