GarageBand使い方講座トップ > パン(定位)を調整する

パン(定位)を調整する方法

パン(定位)を調整する方法

パン(定位)とは

「パン(定位)」というのは、音の位置のことをいいます。
アナログとステレオの違いは、アナログは前方からしか音は聴こえません。
対して、ステレオは前方の他、左右からも音が聞こえます。
つまりステレオの方がサラウンド感があり、より迫力のある音楽に仕上がります。

しかしGarageBandの設定が既定のままですと、各トラック(楽器)が前方からしか聴こえないようになっています。そこで、各トラックのパン(音の位置)を左右に割り振ってあげます。

ここで、パンが中央になっているもの、最大限に左に割り振ったものと、右に割り振ったものの3つを聴き比べてみてください。
イヤホン等で聴くとわかりやすいです。音量にはくれぐれも注意してください。

『パン中央』


『パン左』


『パン右』


このように、楽器によって左右に割り振ると、全体的な音量が中央・右・左に分散され、不要な濁りを軽減することができます。



各トラックのパン調整方法

「パン」はトラック表示部分に、調節するツマミがあります。

パンのツマミ

このツマミをドラッグすることによって、左右へ割り振ることができます。

 
右へ最大限の状態
右へ最大限


左へ最大限の状態
左へ最大限


曲の途中でパンを変える

曲の途中でパンを変えることができます。
まず、トラック表示部分の右端に「▼」のボタンがあります。

パンの設定

クリックすると「トラック音量」と書かれた右端にある上下の矢印をクリックします。

トラック音量

クリックすると、「トラックパン」が設定できるポップアップメニューがでてきます。
それを選択しましょう。

トラック音量

「トラックパン」と書かれた先頭部分をクリックすると、光が点灯します。
オーディオループは青く、MIDIループは緑色になります。

トラックパン点灯

タイムライン上の線がトラックパンを表しています。

トラックパン点灯

ビートルーラで位置を確認しながら、パンを変えたい部分に合わせて、トラックパンの線上をクリックします。そうすると、コントロールポイントが作成されます。

コントロールポイント

このコントロールポイントを上もしくは下へドラッグします。
上へドラッグするとパンは左に、下へドラッグするとパンは右へ移動します。

コントロールポイントはいくつでも作成できます。また、「delete」キーを押すと削除することもできます。

ちなみに次のようにパンを移動させてみました。

パンの移動

2小節ごとに右に行ったり左に行ったりと忙しないですが、どのような感じになるか聴いてみてください。



頭の中で、音が駆け巡っているような不思議な感覚を覚えます。


各トラックのパン調整方法

「パン」はトラック表示部分に、調節するツマミがあります。

パンのツマミ

このツマミをドラッグすることによって、左右へ割り振ることができます。

 
右へ最大限の状態
右へ最大限


左へ最大限の状態
左へ最大限


曲の途中でパンを変える

曲の途中でパンを変えることができます。
まず、トラック表示部分の上に「オートメーション表示/非表示」ボタンがあります。

オートメーション表示/非表示

このボタンをクリックし、トラック表示部内の「ボリューム」を『パン』に切り替えます。

パン

リージョンをクリックすると、タイムライン上に緑の線が表示されます。
これが現在のパンの位置を示しています。

トラックパン点灯

ビートルーラで位置を確認しながら、パンを変えたい部分に合わせて、トラックパンの線上をクリックします。そうすると、コントロールポイント(下図の赤丸部分)が作成されます。

コントロールポイント

このコントロールポイントを上もしくは下へドラッグします。
上へドラッグするとパンは左に、下へドラッグするとパンは右へ移動します。

コントロールポイントはいくつでも作成できます。また、「delete」キーを押すと削除することもできます。

ちなみに次のようにパンを移動させてみました。

パンの移動

2小節ごとに右に行ったり左に行ったりと忙しないですが、どのような感じになるか聴いてみてください。


頭の中で、音が駆け巡っているような不思議な感覚を覚えます。