ノートorデスクトップ

パソコンには「ノートパソコン」と「デスクトップパソコン」があります。どちらも一長一短があって決めかねている方もおられるでしょう。それでは、ノートとデスクのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ノートパソコン

メリット

ノートパソコンのメリットはやはり軽くて薄いというところでしょう。
持ち運び可能で、電車の車内でも旅先でもどこでも作曲ができます。

デメリット

デメリットは、性能の割に価格が高いというところです。小さくするにはそれなりに技術料がいりますので仕方がないといえばそれまでなんですが。また、小さくて気密性が高いので熱が溜まり、動作が不安定になります。夏場は大変です。ファンが回り続け、うるさいです。寿命が短いという不安もあります。



デスクトップパソコン

メリット

デスクトップはコストパフォーマンスが高くて、パワフルです。動作が安定しているので、少々重い作曲ソフトでも十分動いてくれます(ただ、パソコンの性能によりますが)。

デメリット

デメリットは「場所をとる」というところと「持ち運べない」というところでしょうか。最近では省スペースモデルというのが出ているので、そちらも検討する余地があります。また、一番大きな問題が「消費電力」です。ノートパソコンに比べるとかなり電力を食うので気をつけなければなりません。ただ、電力を食うといってもクーラーや暖房器具に比べるとはるかに小さいものですが。こちらも最近では省電力のものも発売されているので検討の余地ありです。

さらに、液晶画面を別途購入しなければならないというデメリットもあります。



オールインワンパソコン

メリット

CPUやメモリなど、デスクトップの機械類がパソコン画面に内蔵された「オールインワンパソコン」というのも最近多く見かけます。スペースは画面分のみでいいので、省スペースになっています。

デメリット

ノートパソコンと同様、まだまだ価格が高いです。また、内蔵された機械類がノートパソコンのものもあったりして、デスクトップ単体のものに比べるとパワーに若干難ありです。



個人的な感想

ノートにするかデスクにするか迷ったら、特別な意図がない限りは「デスクトップ」の方がオススメです。仕事と作曲、共用のパソコンが欲しいとなればノートにした方が良いかもしれませんが、特にパソコンを持ち運んで仕事をするということがなければデスクで十分です。

また、ノートパソコンだと旅先などでも作曲ができますが、多分しません。パソコン以外にも色々機材を持っていかないといけないので大変です。

まあ、一番いいのは「両方買う」というところになってしまうのですが。
あくまで「個人的」意見です。