GarageBand使い方講座トップ > テンポを変更する

テンポを変更する方法

テンポをを変更する方法

プロジェクトの新規作成時にテンポを指定しました。
しかし、後々テンポを変更したくなる場合があるでしょう。
ここでは、テンポの変更方法をみていきます。

楽曲全体のテンポ変更

テンポを変更するには、画面下部にあるLCDの音符のマークをクリックします。

LCD

そうすると、「時間」「小節」「コード」「プロジェクト」の4つのメニューが出てきます。
その中の「プロジェクト」をクリックします。

プロジェクト

そして、中央のテンポの数値をクリックします。

テンポ

そうすると、テンポを調節するバーがでてきますので、上下にスライドさせます。
上にスライドさせればテンポは速く、下にスライドさせればテンポは遅くなります。
希望の数値に調節しましょう.

調節バー


曲の途中でテンポをを変える

楽曲によってはサビのみ速く、Aメロは遅くなど、一部のみテンポを変更したい場合があるでしょう。そういう時のために、曲の途中でテンポを変えることができます。

まずは、メニューバーの「トラック」から「マスタートラックを表示」を選択します。

マスタートラックを表示

そうすると、トラックの一番下に「マスタートラック」が挿入されます。

マスタートラック

「マスター音量」と書かれた右隣にある上下の矢印をクリックし、「マスターテンポ」を選択します。

マスターテンポ

マスターテンポを有効にするため、その先頭をクリックします。
そうすると、先頭部分が点灯します。

マスターテンポ有効

そして、マスターテンポの線上をクリックして、コントロールポイントを挿入します。
テンポを変更したい最初と最後の部分にコントロールポイントを挿入し、速くしたり遅くしたりします。

マスターテンポの線が上に傾くと速く、下に傾くと遅くなっていることを表します。

マスターテンポの変更

楽曲全体のテンポ変更

テンポは画面上部にある「bpm」から変更可能です。

bpm

上図では現在テンポが「100」に設定されています。
この「100」にマウスカーソルを持っていき、ダブルクリックすると
数値に背景がつきます。ご希望の数値をキーボードで入力すれば変更されます。



曲の途中でテンポをを変える

楽曲によってはサビのみ速く、Aメロは遅くなど、一部のみテンポを変更したい場合があるでしょう。そういう時のために、曲の途中でテンポを変えることができます。

まずは、メニューバーの「トラック」から「テンポトラックを表示」を選択します。

テンポトラックを表示

そうすると、トラックの一番上に「テンポトラック」が表示されます。
横線が現在のテンポ数になります。

テンポトラック

そして、テンポの線上をcommandキーを押しながらクリックして、
コントロールポイント(テンポ変更の起点部分)を挿入します。

コントロールポイント

テンポを変更したい最初と最後の部分にコントロールポイントを挿入し、
テンポの線をドラッグするとテンポがコントロールポイントを始点に変更されます。
下図は、テンポ100から120に変更したものです。

コントロールポイント

ただ、この状態だと急激にテンポが変更しますので、なめらかに変更するには、透明のコントロールポイント(下図の赤丸部分)をドラッグして、最適なラインになるように調整します。

コントロールポイント

下図のように、テンポ100と120の間になるように持っていくと、滑らかにテンポが変更されます。

テンポの変更



ちなみに、途中でテンポを変更した例を聴いてみてください。