GarageBand使い方講座トップ > キー(調)を変更する

キー(調)を変更する方法

キー(調)を変更する方法

楽曲全体のキー(調)変更

テンポと同様、プロジェクトの新規作成時にキー(調)を指定しました。
しかし、メロディー音域等の観点からキー(調)を変えたくなる場合もあると思います。
ここでは、キー(調)の変更方法をみていきます。

テンポ変更と同じように、LCDの音符マークをクリックし、「プロジェクト」を選択します。

プロジェクト

そして、「キー」と書かれたところの文字(この場合なら「Cmaj」)をクリックします。

キー

そうすると、キーを選択するポップアップメニューがでてきますので、変更したいキーに合わせます。同時にメジャー/マイナーも選択可能です。

キー変更


キーを変更すると自動的に、タイムライン上に配置していたループ素材(MIDIループ、オーディオループ問わず)の音程も変わるので、非常に楽です。
ただし、メジャーからマイナー、マイナーからメジャーのみの変更では変化がありません。


初期設定(Key of C)でのピアノフレーズ


Key of Dへ変更した場合



曲の途中でキーをを変える

楽曲途中でキーを変更する、いわゆる「転調/移調」が可能です。

まずは、メニューバーの「トラック」から「マスタートラックを表示」を選択します。

マスタートラックを表示

そうすると、トラックの一番下に「マスタートラック」が挿入されます。

マスタートラック

「マスター音量」と書かれた右隣にある上下の矢印をクリックし、「マスターピッチ」を選択します。

マスターピッチ

マスターピッチを有効にするため、その先頭をクリックします。
そうすると、先頭部分が点灯します。

マスターピッチ有効

そして、マスターピッチの線上をクリックして、コントロールポイントを挿入します。
キーを変更したい部分にコントロールポイントを挿入し、転調させることが可能です。

コントロールポイントを上下させることで転調します。
半音(1)ずつ転調が可能で、最大11半音上下させることができます。

下図の場合「+2」なので、全音分(Key of CからKey of Dへ)移調したことになります。

全音移調

それでは、途中でキーを変更(転調)した例を聴いてみてください。


前にも言ったようにピッチ変更を指定すると、自動的にフレーズの音程も変わります。


楽曲全体のキー(調)変更

テンポと同様、プロジェクトの新規作成時にキー(調)を指定しました。
しかし、メロディ音域等の観点からキー(調)を変えたくなる場合もあると思います。
ここでは、キー(調)の変更方法をみていきます。

キーの変更は、画面上部の「Cmaj」をクリックします。

キー

そうすると、キーを選択するポップアップメニューがでてきますので、変更したいキーに合わせます。同時にメジャー/マイナーも選択可能です。

キー変更


キーを変更すると自動的に、タイムライン上に配置していたループ素材(MIDIループ、オーディオループ問わず)の音程も変わるので、非常に楽です。
ただし、メジャーからマイナー、マイナーからメジャーのみの変更では変化がありません。


初期設定(Key of C)でのピアノフレーズ


Key of Dへ変更した場合



曲の途中でキーをを変える

楽曲途中でキーを変更する、いわゆる「転調/移調」が可能です。

まずは、メニューバーの「トラック」から「トランスポーズトラックを表示」を選択します。

トランスポーズトラックを表示

そうすると、「トランスポーズトラック」が挿入されます。

トランスポーズトラック

そして、トランスポーズトラックの線上をクリックして、コントロールポイントを挿入します。キーを変更したい部分にコントロールポイントを挿入し、転調させることが可能です。

コントロールポイントを上下させることで転調します。
半音(1)ずつ転調が可能で、最大11半音上下させることができます。

下図の場合「+2」なので、全音分(Key of CからKey of Dへ)移調したことになります。

全音移調

それでは、途中でキーを変更(転調)した例を聴いてみてください。


前にも言ったようにピッチ変更を指定すると、自動的にフレーズの音程も変わります。