GarageBand使い方講座トップ > エフェクトとは?

エフェクトとは?

エフェクトについて

エフェクトとは?

「エフェクト(Effect)」というのは「効果」という意味がありますが、音楽業界では音を加工するものを表します。

基本的にはオーディオ素材を加工するものに対してエフェクトという言葉を使いますが、GarageBandではソフトウェア音源へもエフェクトがかけられるので、MIDI素材の音色も変えることができます。

また、GarageBandに付属するオーディオ/MIDIループによっては、タイムライン上に配置すると、自動的にエフェクトが挿入されることがあります。

特に音色にこだわりがない、ループ素材の音色と自分のイメージがそんなに大差がないということであれば、わざわざエフェクトの調整をする必要はありません。

ただ、わずかでも調整したいという方もおられると思うので、ここではエフェクトの設定や調整方法についてみていきます。


エフェクトの設定・調整

エフェクトを設定・調整するには、まず設定・調整したいトラック(楽器)をクリックして選びます。

トラックを選択

続いて、メニューバーから「トラック」の『トラック情報を表示』をクリックします。

トラック情報を表示

もしくは、画面右下の「トラック表示ボタン」を押します。

トラック表示ボタン

そうすると、次のような画面になります。

編集パネル

上のようになっていない場合は、編集タブをクリックしてください。

編集タブ

編集パネル上に表示されているエフェクトの先頭部分をクリックすると、そのエフェクトが有効になります。

エフェクト有効

新規にエフェクトを挿入したい場合は、空白のスレッドをクリックすると、新規のエフェクトが設定できます。

新規エフェクト設定

GarageBandエフェクトとAudio Unitエフェクト

GarageBandには2種類のエフェクトがあります。
「GarageBandエフェクト」と「Audio Unitエフェクト」です。

「GarageBandエフェクト」は、GarageBand専用のエフェクトです。
「Audio Unitエフェクト」というのは、「Audio Units(AU)」という規格に対応したDAWなら、
GarageBand以外でも使えるエフェクトです。

また、市販のAudio UnitエフェクトをGarageBandでも使えるようになります。

Audio Unitエフェクト

なお、ここでは「Audio Unitエフェクト」は扱いません。